採用情報


先輩社員紹介

鈴木 邦彦

東京支社構造グループ 2013年入社
東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科

所属部署の仕事とそこでの自分の仕事
 所属部署では、主に地中構造物や護岸、あるいは土構造物など多様な構造物の耐震診断・耐震設計を行っています。具体的には水道施設である配水池やシールドトンネルなどの都市トンネルの耐震検討、護岸や盛土などの液状化による流動変位の影響検討などです。私はこのような幅広い分野を毎日悩みながら主に解析的な技術を用いて行っております。
学生時代に思い描いていた会社のイメージと実際の今の会社とのギャップ
 入社した頃、学ぶべき専門知識の多さに圧倒されていたことを覚えています。私は学生時代に耐震設計に対する専門的な知識を学んではこなかったので、入社して1年経つ今でも毎日とにかく必死に食らいついていこうと日々奮闘中です。   また困った時には周りには多様な専門家がおり、1人1人の距離感も近いため懇切丁寧に教えてもらいとてもいい環境で仕事ができるところがCPCのいいところだと思います。
仕事を通して成長した自分自身
 私たちの仕事は数字と上手に付き合う仕事です。扱い方一つで解析結果にも大きくかかわるとてもプレッシャーのかかる仕事でもあります。入社当時には何とも思わないただの数字でしたが、仕事を通して先輩上司への質問や類似業務を探し自分で調べていく中で、現在では数値としてその意味などを少しずつ理解できているかなと思っています。悩むことも多いですが振り返った時、1歩1歩着実に前へ進んでいる自分の足跡を見て自身の成長を感じます。
これからの自分自身について
 私が思うこれからの姿とは、いつもポジティブに取り組んでいたいと思っています。難しいことに直面しても常にファイテイングポーズをとり、立ち向かっているようになっていたいです。
未来の後輩に伝えたいこと
 私は今でも友人に畑違いじゃないかと言われます。自分が学んだことをそのまま活かせる仕事であれば今以上に活躍の場を広げられたかもしれません。しかし仕事で学んだことを足し合わせることで別の考えや発想が生まれると考えます。その結果新たな活躍の場が増え、今は「分からないことが多すぎる」と悩んでいてもこの先「悩んでいてよかった」と感謝する時が来ると思っています。何事にも自分には無理と決めずにとにかくやってみるということをおすすめします。