採用情報


先輩社員紹介

杉本 貴至

西日本本部地盤グループ  2015年入社
秋田大学工学資源学部地球資源学科
秋田大学大学院工学資源学研究科地球資源学専攻

現在の仕事はどのようなことをしているか
 私が所属している地盤グループでは、ボーリング調査を含む地質調査、土砂災害危険箇所基礎調査、道路防災点検業務といった仕事を行っています。現在、私が行っている仕事は、大東市・交野市・四條畷市の急傾斜地において、現地の測量による結果から、土砂災害区域設定支援システムを用いて土砂災害危険箇所の設定を行っています。
CPCに入社することを決めた理由は何か
 大学では、地球資源学科に所属していました。学科の卒業した先輩達の就職先として建設コンサルタントが多く、地球資源学科で学んだ知識が建設コンサルタントに活かせるのではないかと思い、建設コンサルタントという職に興味を持っていました。その中でも、CPCは、社長や本部長、グループ長の雰囲気が良く、初めて会社に面接行ったときも対応が非常に丁寧だったので、この会社に入社したいと思いました。
仕事を通して自分自身が成長したところ
 入社して約1年になりますが、水位観測といった仕事や土砂災害危険箇所基礎調査の区域調書等の書類作成に携わっていますが、失敗が多く、よく再提出になることがあります。しかし、失敗からどのようにすれば成功するかといった考え、どのようにすればいいのか上司と相談して仕事を行っているので、仕事を通して自分自身が成長したところは、仕事の段取りや仕事のやり方を学べたことが一番成長したところだと思います。
今後の目標や挑戦したいこと
 今後の目標は、技術士資格を取得することです。技術士資格を持つことで自分自身の自信になりますし、技術士資格を持つ人間がいることで、会社が評価され、貢献できるので、今後の目標は、技術士資格の取得の挑戦です。
未来の後輩へのメッセージ
 CPCに入り、地質調査の重要性、今までに見てきた急傾斜になっている斜面への見方の変化、法面観察や傾斜地への工事内容、依頼者や地元住民への説明といった、今までの人生では経験できないことが経験できます。もし、興味があるのでしたら、是非CPCに入って、一緒に働きましょう!