採用情報


先輩社員紹介

福島 寛之

東京支社地盤・環境グループ  2015年入社
東洋大学理工学部年環境デザイン学科

現在の仕事はどのようなことをしているか
 私はまだ入社して約1年しか経過してないので、主担当の業務はありませんが、所属部署の地盤・環境グループで、主に先輩方の業務の補佐に携わっています。具体的には、CADやArcGISを使った図面作成、軟弱地盤の盛土厚・沈下量・水平変位量等のデータ入力作業、また他のグループの方と共同で現地に出向いての砂防堰堤の点検調査等を行って来ました。
CPCに入社することを決めた理由は何か
 私は元々建設コンサルタント系の会社を目指していました。CPCは入社前の面接にて、疑問に思ったことを幾つか質問していく中で、アットホームで雰囲気の良さそうな会社だと思い、内定が出たらすぐに入社を決めました。
仕事を通じて自分自身が成長したところ
 私は中途採用で今の会社に入社しました。前の会社では下水道設計の業務を行っていたため、地盤に関する専門知識は大学で少し学んだぐらいであまりありませんでした。そのため、本当にこの会社でやっていけるのかという不安がありました。実際、入社したばかりの頃はミスが多く、自分は前の会社で一体何を学んできたのかと思うこともありました。 しかし、その度に先輩方に助けて頂いていく中で、まだ若手なのだから分からないことがあっても仕方がない、それを自分で勉強したり経験豊富な先輩方に質問したりして、自分の知識として少しずつ積み重ねていくことが大事だと思うようになりました。仕事は自分一人でやるものではなく、困ったときにはお互い助け合いながら進めていくものだと改めて実感しました。
今後の目標や挑戦したいこと
 まずは、どんな仕事をする上でも必須となる苦手なコミュニケーション能力の向上。 また地盤グループに少しでも貢献できるように、専門知識の勉強をより深く進めること。 それから、今後一人で業務を任されるようになったときに必要となる技術士等の資格の習得を目指していきたいと思います。仕事と勉強を両立するのは中々大変ですが、一人前の技術者になるためには避けては通れない道だと思います。
未来の後輩に伝えたいこと
 実際に社会に出てみると、大学で学んだ知識だけでは分からないことは沢山あるかも知れません。会社で経験豊富な上司・先輩と直接触れ合うことで、得られるものは大きいと思います。